カジノ ネットワーク ビジネス

カジノゲーム – バカラの前衛的な戦略

オンラインカジノゲームを頻繁にプレイする多くのギャンブラーは、どこかの時点でバカラのゲームに出くわすことになるでしょう。今日、ほとんどのプレイヤーがオンラインでプレイする際には、ビデオスロットや他のグラフィックが美しいカジノゲームを好むようですが、バカラは何世紀にもわたってプレイされてきた古典的で伝統的なカードゲームの一つです。実際、このゲームは、1483年から1498年の間にフランスを統治していたシャルル8世の時代に導入されたと考えられており、それ以来、世界中でプレイされています。今日では、自尊心のあるまともなオンラインカジノでは、少なくとも1種類または数種類のバカラを導入しています。

バカラは、マスターするのが非常に難しいという評判がありますが、ベットの種類が3種類しかないため、実際には非常に簡単にマスターすることができます。簡単に言うと、このゲームの目的は、各ハンドで可能な限り9の数字に近づけることです。プレイヤーは、プレイヤーの手かディーラーの手が勝つかどうかにベットを置くことができます。また、プレイヤーとディーラー(「バンカー」)との間の引き分けの頻度の低い結果にもベットを置くことができます。このように、ベットの種類は3種類しかありません。

また、ランドベースのカジノでは、ゲームを追跡するための詳細なスコアカードや鉛筆が常にたくさん用意されており、多くのプレイヤーがほぼ信心深く利用しています。

バカラで最も人気があり、広く使われているベッティング戦略の一つは、「アバント・デルニエ」システムです。この戦略はヨーロッパ大陸のプレイヤーの間で非常に人気があり、バカラをプレイする上で非常に楽しい方法ですが、長期的な勝利を意味するものではありません。

“Avant dernier “はフランス語で「最後の前に」という意味です。この戦略の命題は、常に最後の2番目の勝利結果に賭けることです。例えば、バンカー-プレイヤー-バンカー-バンカー-バンカーという勝ちのシークエンスがあった場合、次のベットはバンカーに賭けます。このシーケンスでは、最後の2回目の当選(このシーケンスでは3回目の当選)はバンカーである。これに対して、プレイヤー-バンカー-プレイヤー-バンカー-バンカーの順に勝ちがあった場合、次のベットはプレイヤーに置かれます。これらの例からわかるように、混乱を避けるために、このシステムでは、常に最後の2番目の結果にベットが置かれるので、順番に正確に勝つ必要はありません。

アバンデルニエシステムは、プレイヤーとバンカーの間で勝ち手が変動するようなゲームセッションでは、非常に効果的です。そのため、多くのカジノプレイヤーがこの戦略を好んで使用しています。上述したように、アバンデルニエシステムは、バカラのゲームをプレイするための楽しい方法でもあります。

そう、カジノゲームは楽しくてエキサイティングなものでなければなりません。すべてのギャンブルや賭けの戦略と同様に、アバンデルニエシステムが常に利益を得ることは不可能です。これはカジノのギャンブルの性質上、ハウスは常にプレイヤーに対して若干のアドバンテージを持っているからです。アバンデルニエ戦略は、遅かれ早かれ「ダブルチョッピング」(バンカー-バンカー-プレイヤー-プレイヤー-バンカー-バンカーなどのペア)で長い勝ちが続くと、トラブルに見舞われます(そして連敗に直面します)。しかし、このシステムは、プレイヤー-プレイヤー-プレイヤー-プレイヤー-プレイヤー-プレイヤーなどのように、単一の勝ち手の非常に長い連勝が発生した場合には、負けを防ぐことができます。これがAvant Dernierシステムがカジノプレイヤーの間で人気がある理由の一つではないでしょうか。

確かに、オッズだけを考えると、バカラではバンカーに賭けるのが一番安全です。連勝やパターンに関係なく、バンカーベットは常に配られる前のハンドに勝つための最も有利なオッズを持っています。しかし、その後、再び、多くの、多くの手で長いゲームセッションをプレイするとき – バンカーのベットを配置するだけで、他の手が連続で数回勝つために開始したときに長い負けの連勝を防ぐことはできません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *