コイン チェック から ベラ ジョン カジノ へ 送金

アラバマ州のカジノ

アラバマ州は「ディキシーの中心地」に位置する南部の州で、南北戦争まで遡る豊かな歴史を持つ。マグノリアの木、緑豊かな庭園、壮大で古い歴史的な家々、南部のもてなしで知られています。アラバマ州は人口450万人以上の州で、ジョージア州、ミシシッピ州、フロリダ州に隣接しています。アラバマ州の州都はモンゴメリーで、南軍の最初の首都でした。

アラバマ州のカジノはほとんどがビンゴカジノで、ネイティブアメリカンが運営している。アラバマ州ではギャンブルとして合法化されていないため、カジノはネイティブアメリカンの土地でしか運営できません。アラバマ州のカジノからの収入は、ネイティブアメリカン部族が所有しているため、アラバマ州では課税されません。アラバマ州のギャンブルの大部分は競馬場とドッグレースにあり、これらの場所にはスロットマシン、ビデオギャンブルマシン、プルタブカードがいくつかあります。

アラバマ州には3つのカジノがありますが、いずれもモンゴメリーの首都から20分以内の場所にあり、繁盛しています。アットモアのクリークエンターテイメントセンターは、月曜から木曜の午前10時から深夜12時まで、金曜と土曜の午前10時から午前4時までギャンブルに開放されています。アラバマ州にある3つのカジノのうち最大のものは、モンゴメリーにあるタラプーサ・エンターテイメント・センターです。タラプーサは、カジノギャンブルのために24時間年中無休で営業しています。21,000平方フィートのゲーミングスペースには480の電子ビンゴ席があり、さらに便利なフルバーとグリルもあります。

アラバマ州のカジノのリストには、Wetumpkaにあるリバーサイド・エンターテイメント・センターも含まれており、こちらもネイティブアメリカンによって運営されています。リバーサイドカジノは、月曜から土曜の正午12時から閉店時間まで、日曜は午後1時から閉店時間まで、24時間営業しています。このアラバマ州のカジノは、16,000平方フィートのギャンブルエリア、530台以上のスロットマシンの豊富な品揃え、そして敷地内のレストランを持っています。

アラバマ州は、メキシコ湾岸に沿って、陸上とリバーボートの両方にカジノを設置することで、莫大な利益を得ることができます。これにより、アラバマ州と隣のミシシッピ州との競争が促進されます。アラバマのカジノを合法化することで得られる収入と、それが経済にもたらすであろう後押しは、うまくいけば、近い将来にアラバマのギャンブルを合法化するために州政府がアラバマを開放することに拍車をかけることになるかもしれない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *