ジャン ポリー カジノ

知っておきたいカジノエチケット

プレイステーションポーカーで何時間もプレイしたからといって、実際のカジノでも同じようにプレイできるとは限りません。誰もが知っておくべき基本的なカジノのエチケットがあります。アトランティックシティとラスベガスは、ここ数年でカジノビジネスの成長が著しい地域です。ポーカーを覚えたらギャンブルスターになったクリス・マネーメーカーの話を聞いたことがあるかもしれません。彼は後にワールドシリーズオブポーカーで優勝したこともあります。

カメラはバッグのポケットに入れておきましょう。庭で人やアヒルを撮るのが好きなのはいいのですが、カジノでリアルマネーを使って遊んでいる人には迷惑です。ほとんどのカジノでは敷地内での写真撮影を禁止しているので、このようなシャッターバグの活動はカジノフロアから離れた場所で行うようにしましょう。
もしあなたが子供と一緒に旅行しているなら、子供を家に預けるか、少なくともカジノで子供の世話をしてくれる人がいるようにしましょう。ラスベガスのほとんどのカジノでは、カジノフロアでの子供の入場を許可していますが、他の人がゲームに集中している時に子供がいると、知らず知らずのうちにショーを台無しにしてしまい、非常に迷惑になることがあります。ニュージャージー州では、ニュージャージー州カジノ管理委員会が禁止しているため、子供のカジノフロアへの立ち入りは禁止されています。
カジノで遊ぶときは、どんな状況でも冷静さを保ちましょう。誰もが人生の中で荒れた時を経験するものですから、「勝つ」ということを頭の中に入れておき、他のことは完全に洗い流すようにしましょう。
椅子に座る前に、円が開いているかどうかを確認しましょう。カジノで低賃金のゲームテーブルの席しか見つからないと、とても悔しい思いをすることがあります。空いている椅子の前にあるベッティングサークルを確認して、ゲーム中のあなたを収容できるスペースがあるかどうかだけでも確認しておきましょう

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *