ネット カジノ ロワイヤル 評価

カジノフリック – 瞬間を逃すことは犯罪です

アノマリーは人生の一部であり、それは公に批判されたときにひどく反映されます。多くの人は、カジノの映画のトンを見たり、最高のオンラインカジノをプレイする時間を過ごしたりしています。しかし、アノマリーは、あなたがそれらに気づいたときだけ、もちろん、あなたのために永遠に物事の範囲を変更します。例えば、多くのギャンブル映画には不条理が多く含まれており、それがフリックを見ることを苦痛にしています。カジノ・ロワイヤルのように、1億5000万ドルの製作費で5億ドル以上の採算を取った映画でさえ、その矛盾を抱えています。さて、ここでは、ハリウッドが制作し、観客が見たいくつかの偉大なカジノ映画の欠けている瞬間のコレクションです。

カジノ・ロワイヤル – すべての人のためのモンスターハンド
映画の中のル・シフレとボンドの重要なカードの対決は、どちらもモンスターの手を持っていることにお気づきでしょうか?さて、この映画に関連したもう一つの話は、アンジェリーナ・ジョリーが、映画製作者の第一候補だったにもかかわらず、映画の目の保養になる役を拒否したということです。彼女は代わりに女性のジェームズ・ボンドを演じることを申し出た。この映画のために物事はうまくいき、それは約6億ドルの全体的なコレクションに反映されています。モンスターハンドのような異常性は、あなたが望むか望まないかに関わらず、観客の生活の一部となっています。まあ、それは大きなコインのマスターについてのすべてです。

オーシャンズ11-ひねりのない強盗
8500万ドルのメイキングコストで4億5000万ドルの映画コレクションは、2011年12月にこのボックスオフィスのリリースからかなり多くの期待を集めました。しかし、不適切なビジョニングが強盗の本質を台無しにしてしまった。リアリズムの欠如は、シーンを平凡なものにしてしまう。登場人物のシナリオや状況への依存度が高すぎるために、計画が脱線してしまった。しかし、この映画はカジノの日常生活にまで踏み込んでいて、それをうまく表現しています。Ocean’s 11のもう一つの物語は、すべての役割が入れ替わり、大幅に入れ替わったことです。ジョージ・クルーニーがブルース・ウィリスの代わりになったりして。

マーベリック-信じられないような手を使って吉と出るか凶と出るか
1994年5月に公開された『マーベリック』は、その瞬間を逃す古典的な例です。それは作るために7500万ドルを必要とし、1億8300万ドルで完売しました。IMDBのスコアは10点満点中7点で、この映画は興行成績が良かった。しかし、それは馬鹿げたショーダウンを特色にしました。子供じみたアプローチには本当に失望した。しかし、それは本当に旅行カードのサメや詐欺や迅速なウィットが関与している本当の人生を見せてくれました。高利貸し、詐欺、お金、欲、権力は良いカジノ映画の要素であり、『マーベリック』にはそれが全て詰まっている。観客を楽しませようとするこの映画の試みは賞賛に値する。

カジノ映画の驚くべき世界は楽しませてくれて、実際のカジノの生活とギャンブルの世界を垣間見ることができます。ギャンブラー」や「A Fistful Of Dollars」のような映画は、「Casino Royale」や他の多くの映画と並んでいくつかの名前があります。ギャンブル映画を見るのは、イギリスのライブカジノで時間を過ごすのと同じくらいスリリングです。あなたがそれをしているときに興奮は決して眠ることはありません。まあ、それはまだ顔に主題を持ってくるために時間が必要なようです。ギャンブルの動きはギブアンドテイクです。どちらの味方をするかはあなた次第です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *