ベラ ジョン カジノ バンドル カード

ボツワナのカジノ

ボツワナは、アフリカのサクセスストーリーの一つです。多様な自然の生息地、豊富な資源、南アフリカに近いこと、優れた野生動物保護区や国立公園があることに惹かれ、観光産業が急成長しています。ボツワナのカジノは経済の成長分野であり、首都のガボローネや北部の首都フランシスタウンなど、国内のいくつかの都市にカジノが誕生しています。そのため、ボツワナ政府は、外国人観光客の増加に合わせてボツワナのカジノの開発が継続されるように、大きな対策を講じています。

フランシスタウンはボツワナ北部最大の都市で、マランホテルとタパマホテルのアドミラルという2つのカジノがあります。この街は、19世紀半ばにアフリカ南部で最初の「ゴールドラッシュ」が行われた場所で、世界中から幸運を求めて人々が集まりました。残念なことに、金は採掘が困難でコストがかかることが判明し、採掘作業のほとんどは廃業してしまいましたが、いくつかは残っています。今日では、フランシスタウンのカジノで幸運をつかむチャンスが訪れた人に与えられています。

フランシスタウンの他に、ボツワナのカジノの中心地は首都のガボローネです。ここにはボツワナ最大のカジノ、17台のテーブルゲームと250台以上のスロットやビデオゲーム機があるグランドパームホテルカジノリゾート、ボツワナで最も古くて最大のカジノであるガボローネサンカジノのほか、ガボローネホテルで新たに開発されたカジノがあります。その結果、首都は北部のライバルからギャンブルビジネスを誘致し、ボツワナ北部のチョベ国立公園やオカバンゴ国立公園に向かう外国人観光客にとって貴重な立ち寄り先になることを目指しています。

アフリカ人はギャンブルが大好きで、ボツワナのカジノは、地元の人だけでなく海外からの観光客にもアピールするために設置されています。そのため、政府は、ボツワナのカジノ業界が最高水準の信頼性を維持していることを確認するために細心の注意を払っていますが、ボツワナのカジノ業界に過剰な規制やお役所仕事をさせないように注意を払っています。そのため、ボツワナのカジノ部門は、昔の探鉱者のように幸運を求めて遠方からの観光客の需要を満たすために拡大を続けています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *