リアル カジノ スロット

カジノギャンブルとタオ

カジノのギャンブルを道教の哲学と同一視するのは奇妙に思えるかもしれませんが、ギャンブルは中国文化の一部であり、広く受け入れられているからかもしれません。

トランプの歴史が最初に記録されたのは9世紀の中国で、彼らは紙を書くことを発明した人でした。トランプについて書かれた最初の本は、Yezi Gexiと呼ばれる唐王朝(618-907)にまでさかのぼります。11世紀になると、トランプはアジア各地で見られるようになり、中国の古典「水滸伝」に登場する蘭舜の108人の英雄の多くが描かれています。

16世紀にはトランプはフランスに伝わり、フランスの貴族の人物をモチーフにした絵札を使い始めました。

道教の哲学は6,000年近く前からあると言われており、中国の初代皇帝である黄帝の教えによって台頭してきたと言われています。彼らの数学や天文学などの科学的発見の多くは、占星術、シンボロジー(記号とその効果の科学)、数秘術、そして多くの神秘主義とも深く結びついていました。

道教の第七柱である「達人の道」では、水のシンボルは「K’AN」であり、「成功して幸運になるためには、リスクを冒さなければならない」と述べています。古代の道家にとって 運は制御とタイミングの一形態であった

すべてのギャンブルにおいて、タイミングが重要な要素であることは明らかです。ギャンブルの種類に関係なく、すべてのギャンブルの形態は、勝ち負けの両方のサイクルで実行される傾向があります。このサイクルを巧みに操ることで、プレイヤーが結果をコントロールできるレベルを伝えることができます。

20世紀にギャンブルに関する最初の本格的な研究が行われたのは経済学者で、彼らはギャンブルは負ける命題であり、実質的には不合理な行動であるとの混乱を表明しました。1945年、著名な経済学者であるWilliam Vickeryは、ギャンブルは期待される利益ではなく、ギャンブラーが持っているものよりも、持っていないものの方が価値があると思われるお金で測るべきだと結論付けました。

典型的な見解は、ギャンブルは自己破壊的であり、労働倫理を損ない、経済にもっと良い使い方ができるはずのお金を奪うというものです。ほとんどの人が手段を超えてギャンブルをする傾向があるという考え方は、証明されておらず、1966年にイギリスのロンドンで出版された「Economics of Gambling」の研究でも議論されました。この研究では、ギャンブルは欲求不満を解消し、孤独感を解消し、経済階級間の不平等を解消するための感情的な出口であることが明らかになりました。

多くの心理学者は、ギャンブルは通常のレクリエーションであり、中毒者にとってのみ破壊的なものであると考えています。彼らは、解決策はギャンブル全体を非難することではなく、ギャンブラーを治療することにあると述べています。

カジノのパトロンは、豪華な環境、プール、ショップ、ショー、ナイトライフ、そして「コンプされた」アメニティで誘惑されています。その魅力は、退屈で目的のない職業からの逃避であることは否定できません。克服不可能な経済的、社会的障害に直面したときに、成功の神話に直面していることは、カジノ全体の経験をはるかに理解しやすくします。

経済的な結果を気にせず、スリルと興奮だけを求めてギャンブルをする人は、もっと充実した、お金のかからない趣味を見つけた方がいいと思います。ギャンブルは孤立した活動です。ギャンブルは有意義な人間関係の代わりにはなりませんし、疎外感や孤独感を解消することもできません。これらはギャンブルをする理由にはなりません。

私生活の空虚感を埋めるためにギャンブルをすることは、壊滅的な結果を招く可能性のあるギャンブルです。

カジノに行ったことがあれば、他の何よりも気付いたことがあるだろう…それは人々がお金を失うのを見ていることである。これはアマチュアギャンブラーがゲームのオッズの基本的な知識なしでこの競争に入るので、適切なお金の管理への作戦か考えを遊んでいる。それは物のお金を扱う不注意な方法であり、避けられない結果を変えることを少ししない。

カジノはこのタイプのギャンブラーが大好きで、彼らのビジネスを引き付けるために大金を費やしています。確率が彼らの有利なところで正面から、カジノオペレータはプレーヤーにそれらの確率を移すことができる遊ぶことの非常に効果的な方法があるにもかかわらず、それらの非常に少数がそれらを使用するために時間か努力を投資することを知っている。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *