広瀬 借金 1700 カジノ サイト

アリゾナ州フェニックス カジノ

ゲーム好きの方や楽しい時間を過ごしたい方のために、アリゾナ州フェニックスには7つのカジノがあります。これらには、以下の2つのチャンドラーカジノが含まれています。Gila River Casino – Lone ButteとWild Horse Pass、次の2つのスコッツデールのカジノ。Casino Arizona at McKellips Salt RiverとTalking Stick、そしてマリコパの町のHarrah’s Ak-Chin Casino、LaveenのGila River Casino – Vee Quiva、Fountain HillsのFort McDowell Casinoです。

広瀬 借金 1700 カジノ サイト
広瀬 借金 1700 カジノ サイト

技術的には、これらのカジノは、言及された都市の一部ではありません。それらは、言及された都市に隣接しており、ネイティブアメリカン居留地に位置している。例えば、カジノ・アリゾナの施設は、2つの居留地からなるソルト・リバー・ピマ・マリコパ・インディアン・コミュニティの一部である。部族は他の事業活動も行っており、特にスコッツデール地区にある部族の多くは、近隣の不動産開発を成功させている。また、スポンサーシップや慈善活動にも積極的に取り組んでいる。これらのカジノは、ハラーズアクシンを除いて、すべてマリコパ郡にあります。Harrah’s Ak-Chinは、マリコパの町とカサ・グランデ市の近くのパイナル郡に位置しています。

カジノでは、一般的にハイリミットスロット、ブラックジャックテーブル、ケノ、ポーカールームを含むスロットマシンを提供しています。いくつかのカジノには、バー、レストラン、ライブミュージックやエンターテイメントもあります。カジノは、アリゾナ州ゲーム局によって規制されています。部族は、アリゾナ州の状態に賭博収入の8%まで支払うために状態と署名されたコンパクトによって必要とされています。2003年のコンパクトは、追加のカジノを禁止し、フェニックス地域でのカジノの数を制限した。

また、州は、カジノごとのスロットマシンの数と合計数、カジノごとのブラックジャックとポーカーテーブルの数、ベットリミットの設定などを規制している。州は(連邦政府と同様に)現在のところインターネットゲームを許可していない。アリゾナ州フェニックスのカジノは、部族のメンバーだけでなく、部族とは関係のない人々も含めて何千人もの人々を雇用している。また、食品供給会社、イベントプランナー、建設会社、警備会社、その他多くの業者の雇用も創出している。

フェニックスのカジノの存在は、バレーに移転する特定の人々にとってセールスポイントとなっている。一つには、これらのカジノは多くの仕事を提供しています。ラスベガスやシアトルのカジノで働いているシェフは、マリコパ郡にある会社のカジノ施設への転勤を受け入れるかもしれません。他にも、単にお金を払ってカジノの体験を楽しむ人もいます。お金に余裕のある人の多くは、ゴルフ、ハイキング、サイクリング、スポーツイベント、アートギャラリー以外にもレクリエーションを楽しみたいと考えています。

このような人々は、年に一度か何度か車や短い飛行機でラスベガスに旅行することがありますが、ブラックジャックをたまにプレイしたり、スロットマシンにお金を入れたりして、よりカジュアルに楽しみたいと考えています。このような人々は、気候や他の西部都市への近さ、その他の理由からフェニックスを選ぶことが多い。アリゾナ州フェニックスのカジノは何年も前から太陽の谷に大きな存在感を持っていたし、これからも続くだろう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *